• 桃代 西邑

平家物語のゆかりの寺

落柿舎から奥へ進み、少し坂を登ると、清盛にかつては寵愛された白拍子の祇王祇女の隠遁した寺、祇王寺があります。ここには彼女らの後に寵愛され、後、祇王祇女を慕って逃げ隠れた仏御前の像も並んでいます。この寺の脇から更に細い階段を登るとひっそりとただずむのが滝口寺です。平重盛の家来斎藤時頼と建礼門院の侍女横笛との悲恋の物語ゆかりの地で、斎藤時頼は出家して滝口入道と称したと。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示